赤ちゃんや小さな子供がいる旅行には貸切バス

赤ちゃんや小さなお子さんも連れての家族旅行や社員旅行などといった人数が多い旅行は賑やかで楽しいものですが、大変なこともあります。最後まで楽しい旅行にするために、幹事様は様々な工夫をこらす必要があります。

宿泊先の手配に食事処の予約などいろいろと決めなければなりませんが、交通手段はもう決めましたか。
電車や新幹線、バス、自家用車、レンタカーなど様々な交通手段がありますが、どの交通手段にするのかによっても旅行の満足度は変わってきます。こちらでは、大人数の旅行に最適な「貸切バス」についてご紹介いたします。

移動が楽

赤ちゃんや小さなお子さんと出掛ける際、電車やバスなどの公共交通機関を利用するのは気が進まないというお母さんは少なくありません。赤ちゃんや小さなお子さんは泣いたり騒いだりするものです。

ある程度言葉を理解できるようになれば注意して言い聞かせることもできますが、まだ意味を理解できない子供に注意をしてもあまり効果はありません。ましてや赤ちゃんは泣くことが仕事と言われているくらいですから、仕方のないことなのです。

周りの乗客もそういったことを理解してあげるべきですが、迷惑そうな顔をする人がいるのも事実です。
せっかくの楽しい旅行もそういった顔をされると気分が落ち込んでしまい楽しめなくなってしまいます。

貸切バスを利用することで、子連れの方も気軽に参加することができます。また、公共交通機関を利用するとなると、時刻表を中心に行動しなければならず、乗り換えなど大人数の移動が大変ですが、貸切バスならばそういった心配も必要ありません。

価格

貸切バスには、「高そう」といったイメージが強くある方も多いと思います。貸切バスを手配したことがあるという方ならばご存知だと思いますが、手配をしたことが無いという方々にとっては、全く相場が分からないものです。

ひとことで貸切バスと言っても大型・中型・コミューターなどいろいろな大きさがあります。
当然、価格も異なってきますが、乗客率が高ければ高いほど一人あたりの料金も安くなります。電車やタクシーを利用するよりも安くなる場合もありますので、幹事様はその計算も踏まえながら計画を立ててみてください。

貸切バスは、旅行の時だけに限らず幼稚園学校の遠足、部活動やサークルの遠征応援結婚式など様々なシーンで利用することができます。長野県にある当社でも貸切バスを提供しておりますので、大人数で移動をしなければならない時はご利用ください。

↑ ページの上部へ

NENU

ブレアー・バス

私たち共和観光バス株式会社は、信州ブレイブウォリアーズを応援しています!